トーストマスターズ日本地区統括(ディストリクト76)

Toastmasters International District 76 Japan Communication and Leadership Program since 1924

フォントサイズ

クラブからの活動投稿

響トーストマスターズクラブのご紹介

響クラブ9周年記念例会
2012年度 響クラブ教育担当副会長
渡邉友子

響クラブは2012年9月11日、誕生から9周年を迎えました。この日は池袋東武バンケットホールにて会食付きの記念例会を開催しました。この例会をリポートしながら、響クラブをご紹介したいと思います。

響の創設者、そして今回の記念例会の実行委員長Oさんが響クラブを立ち上げてからはや9年。響クラブは平日夜にコンビニエントな例会(90分)をというコンセプトで誕生しました。現在も変わらず第2・第4火曜日の19時30分から21時に例会を行っています。


 まず最初のプログラムは、「今日の言葉」。FKさんが「幸先」という言葉を紹介しました。「幸先」という言葉は、それ自体で良い意味を表すので、「幸先が悪い」というのは間違った使い方だとか。「心に響く」日本語を目指す我々響のメンバーとして、日本語の言葉の使い方を間違えないように気をつけなければなりません。

 続いて現会長のITさんから、祝辞の紹介がありました。前インターナショナルプレジデントのマイケル・ノタロさん、前ディストリクト76ガバナーの鈴木文三さんより有難いお手紙をいただきました。

 そしてITさんから、「今夜のトーストマスター」IMさんに司会進行をバトンタッチ。皆さんビールが待ちきれない様子ですが、もう少しスピーチで場を盛り上げます。最初の「乾杯のスピーチ」は前会長のNKさんが担当しました。「乾杯のスピーチ」とは、上級マニュアル「SPECIAL OCCASION」の1番目、「MASTERING THETOAST」によるスピーチです。マニュアルには、その場に相応しいお祝いの言葉や誰かを称える言葉を述べる、とあります。こういった普段の例会では行えないスピーチを進められるのも、記念例会や会食付き例会の醍醐味と言えますね。

 会食タイムを挟み、次はテーブルトピックス!テーブルトピックスとは、その場で与えられた質問に答える即興のスピーチです。秋のコンテストを目前に控え、いやがおうにも期待が高まります。マスターをつとめたのは実行委員長のOさん。とっておきの変装でこのワクワクドキドキの時間をさらに盛り上げてくれました!

Oさんが出した質問は全部で5問。
1)あなたの響クラブにおけるポジションは?
2)ディストリクト76(日本)における領土問題とは?
3)あなたが推薦する次のディストリクト76のリーダーは?
4)響クラブをロースト(こきおろし)してください。
5)あなたがトーストマスターズで有終の美を飾るとしたら?

 こんな難問が、IMさん、そしてゲストのFTさん、HSさん、KHさん、SDさんに当たりました。私は他クラブのテーブルトピックスで大失敗した経験がありますが、皆さん素晴らしい即興スピーチを披露してくれました。うーん、うらやましい。

 続いてHYさんによるスピーチです。プロジェクトはCC(コンピテント・コミュニケーション)マニュアルの2番目。タイトルは「貯金」。貯金が趣味のHさんは、使う目的もなくひたすらお金をため続け、いつの間にかとんでもないお金持ちになってしまいました。貯金仲間を作ってお金を貯めることだけを心のよりどころとしていましたが・・・という話で始まるスピーチ。最後は大どんでん返しの展開となり、聴衆の興味を最後まで捉えて離しませんでした。2番目のスピーチにもかかわらず、緊張を感じさせない見事なスピーチでした。今後のスピーチも楽しみです!
 歓談も盛り上がり、皆さん交流の時間が足りないようですが、トーストマスターのプログラムは続きます。お次は論評タイム。今回はテーブルトピックス風に、5名の方に論評をしていただきました。普段は聞けないゲストの皆さんの論評を聞いてみたいですよね。マスターを務めてくれたのは、今期会員担当のMNさん。HYさんのスピーチに対して、ATさん、OSさん、NSさん、AKさん、そして今期ディストリクト76ガバナーの川内さんという豪華メンバーが論評を行いました。こんなにたくさんの方々から論評をしてもらったHYさん、とっても嬉しそうでした。

 さぁ、飲んで食べて、皆さんすっかり宴もたけなわ。ここでSYさんによる最後のスピーチです。プロジェクトは上級マニュアル「聴衆を楽しませるスピーカー」No.5「食後のスピーチ」。タイトルは「鶯谷へ行こう」。鶯谷といえば、山手線随一のネオン街。そんな街を主題に、食後のスピーチはどう展開するのか!?皆、興味津々でした。なんと鶯谷には正岡子規の生家が残っているとか。鶯谷が持つイメージを180度変えた、そんなスピーチでした。

 最後はOMさんによる総合論評で今日の記念例会を総括し、一年に一度の楽しい例会も終盤。お決まりの締めくくりはベスト賞発表です。ベストテーブルトピックス賞は、飯田橋のKHさん、ベスト論評賞は、大和バイリンガルクラブ他のAKさん、そしてベストスピーカー賞は、HYさんでした!

普段の公民館や会議室で行う通常例会とは、ちょっと趣を変えた記念例会。乾杯のスピーチや、食後のスピーチといった、通常例会ではなかなか挑戦できない特別なスピーチにチャレンジできるとっておきの場です。お食事をしながら他のクラブの皆さんと楽しく学び交流でき、響クラブのメンバーも大満足の様子でした。イベントの参加に足踏みしている皆さん、是非思い切って参加してみることをお勧めします。きっと、得るものがたくさんありますよ!
 
 

 そしてまだトーストマスターズの会員でない皆さん、響クラブは、池袋にて第2・第4火曜日の19時半から21時に楽しく例会を行っています。プレゼンが上手くなりたい方、人前で話すのが苦手な方、是非ご見学にいらしてください。メンバー一堂、大歓迎でお迎えします!

(トーストマスターズクラブ役員の方へ)あなたのクラブをPRしませんか?

このページへの記事投稿を募集いたします。皆さんのクラブで何かイベント、達成したこと、特別な取り組みなどを紹介して情報を共有しませんか?もちろん、クラブの知名度を高めることにもなります。現時点で原稿ができあがっている必要は全くありません。

ご希望の方は、下記の寄稿要領をご覧のうえコンテンツを制作し、お問い合わせページのフォームより、お問い合わせ内容欄に

     クラブ活動投稿を希望

と記して所属クラブ名をご連絡をください。


(c) 2010-2016 Toastmasters District76

The names "Toastmasters International", "Toastmasters" and the Toastmasters International emblem are
trademarks protected in the United States, Canada and other countries
where Toastmasters Clubs exist. Unauthorized use is strictly prohibited.