トーストマスターズ日本地区統括(ディストリクト76)

Toastmasters International District 76 Japan Communication and Leadership Program since 1924

フォントサイズ

ディストリクト執行役員からのお知らせ

第二回コミュニケーション・リーダーシップ賞受賞者発表

2013年コミュニケーション・リーダーシップ賞実行委員長
藤原 敬行
トーストマスターズ日本支部(ディストリクト76)は、本年度のコミュニケーション・リーダーシップ賞を、一般財団法人聖路加国際メディカルセンター理事長の日野原重明氏に贈呈します。

受賞理由
  • 「病気を診るのではなく、人を診る」という医師の意識改革を推し進め、看護師の地位向上にリーダーシップを執って努められていらっしゃること
  • 講演や執筆を通じて一般の人たちが主体的・積極的に健康を維持向上するために必要な日常生活での取り組みを精力的に行い、国民の健康に関する意識向上・知識向上に大きく寄与されていること
  • 超高齢化社会を迎えるにあたり新しいライフスタイルを提案し、その実現のために新老人の会を設立されていること、加えて孫の世代との交流によって社会貢献をしていく活動を推進されていること
  • 日本の平和な未来の実現を担う子供たちに向けて、いのちの大切さを認識するための「いのちの授業」を、草の根レベルで全国的に行われていること
  • 上記以外の分野にも常に好奇心を持って新しい事に取り組みそれを社会へ還元し、優れたリーダーシップを発揮されていること。

授賞式は来る11月16日土曜日、福岡県パピヨン24ガスホールで開催されるトーストマスターズ・ディストリクト76秋季大会の中で開催されます。
◎コミュニケーション・リーダーシップ賞
コミュニケーション・リーダーシップ賞とは、演説を主体とするコミュニケーションそして社会に集団に好影響を与えるリーダーシップの価値を社会に再認識させ、その技術の学びを通してより良い日本社会の実現に寄与するための賞です。トーストマスターズが会員以外の一般の方に贈る最高の賞です。(参考: コミュニケーション・リーダーシップ賞について

◎日野原重明氏
1911年、山口県山口市生まれ。医学博士。一般財団法人聖路加国際メディカルセンター理事長、聖路加国際病院 名誉院長、上智大学グリーフケア研究所名誉所長、財団法人ライフ・プランニング・センター理事長、公益財団法人聖ルカ・ライフサイエンス研究所理事長。 京都帝国大学医学部第三内科副手、大日本帝国海軍軍医少尉等を経て、聖路加看護大学学長、自治医科大学客員教授、ハーヴァード大学客員教授、国際内科学会会長等を歴任。



(c) 2010-2016 Toastmasters District76

The names "Toastmasters International", "Toastmasters" and the Toastmasters International emblem are
trademarks protected in the United States, Canada and other countries
where Toastmasters Clubs exist. Unauthorized use is strictly prohibited.