2016年03月30日(水)

自分を追い込む英語環境で一気に飛躍!

今回は大手電機メーカーでエンジニアとして活躍するある40代の女性会員の体験です。英語で例会を行うトーストマスターズという環境に自らを追い込み、強制的に英語を使う環境を作った決断によりスクールでは得られなかった高いレベルの

英語運用能力を得たというサクセスストーリーです。
-----------------------------------
Toastmastersによる英語力強化について

1. 入会前と後
入会前、いろいろな通訳・翻訳スクールの上級クラスに通いました。ディスカッションはなんとかできるようになりましたが、自由に話せるようにはなりませんでした。

2000年ころ最寄りのトーストマスターズクラブに入会した時は、自分の話はできても、相手の会話に反応して会話をつなぐことはできませんでした。しかし、2年後シンプルに会話が成立するようになりました。

TOEICの点数でいうと、700点台→900超に伸びました。

最初は英語のテーブルトピック(即興スピーチ)が本当につらかったですが、このクラブの環境のおかげで伸びました。私の入ったクラブが英語だけで例会をやるクラブだったのが功を奏しました。もし、バイリンガルのクラブだったらここまで上達しなかったでしょう。

トーストマスターズクラブは英語力増強のソリューションとしては、費用対効果は一番であると思います。
--------------
2. トーストマスターズに入会して何が良かったか
・例会参加により、受動的(読む、聞く)ではなく、能動的(書く、話す)に参加する必要があることが一番良かった。
・スピーチやテーブルトピックで、「自分の言いたいこと」をまとめて話す訓練から[逃げられない]こと。
--------------
3. トーストマスターズで何をしたか?
私は、まとまった時間スピーチをするために、英語で

1. トピックの調査をする(Webの記事、ニュースを見る、本を読む)
2. 調査した結果をまとめて自分で英語の文章を書く
3. 暗記するまで話す練習をする

これをひたすら繰り返しました。

暗記した文章は、他の場面で何も考えずに出てくるようになりました。

また、クラブ関係のcommunication mailは全て英語なのでbusiness mailを書くのも困らなくなりました。いまやもっと語学を活かす機会がほしいです。
--------------
4. 副次的に得たスキル
クラブという組織、クラブを統括するエリアという組織の役員をやることで、数十人の前で日本語でも英語でも話す機会が増えました。

おかげで(勿論Brokenではあり、語彙も多くないので、全ての主張を流暢に話すところまではいきませんが)今は仕事上の電話会議でも十人以上いるface to faceの会議でも、自信をもって話せるようになり、全く遠慮しなくなりました。
同じ部署内では、海外長期在勤だったただ一人の上司以外では、誰よりも話せると自負してます。
また、私の場合、英語を話すのはほぼクラブのみで1.5週間に1度くらいですが、レベルが落ちないのは継続的に例会で英語を使用しているおかげです。

2016/03/30 14:23 | トーストマスターズに入会してよかった! | コメント(0) | トラックバック(4)

この記事のトラックバックURL:

トラックバック

この記事へのトラックバック:自分を追い込む英語環境で一気に飛躍!

RSS


(c) 2010-2016 Toastmasters District76

The names "Toastmasters International", "Toastmasters" and the Toastmasters International emblem are
trademarks protected in the United States, Canada and other countries
where Toastmasters Clubs exist. Unauthorized use is strictly prohibited.