[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2016年05月21日(土)

「君はインターナショナルなセンスを持っているねえ」 トーストマスターズで身につけた国際感覚

★カルチャーショックに次ぐカルチャーショックの結果身についてしまった「国際感覚」のお話です。外国人と仕事をする機会の少ない地方都市で「国際感覚」を身につけた赤坂さゆりさん(仮名)。振る舞いの端々からにじみ出る「国際感覚」は実はトーストマスターズで学んで得られた「国際的に通用するコミュニケーションとリーダーシップのスキル」に裏づけられたものでした。さて赤坂さんはその25年の学びの経験の中で2度の大きなカルチャーショックを経験され大きく飛躍されています。どんなショックが赤坂さんを変えたのでしょうか?
 
------
 
「君はインターナショナルなセンスを持っているねえ」
 
今年でトーストマスター歴四半世紀の私は、トーストマスターズでの成長・成功ストーリーをあげればきりがありません(そういうことにしておきます)ので、得したお話をいたします。
 
それは、地方の田舎に居ながら国際的な感覚を多少なりとも習得したということです。
 
ある日、仕事関係のセミナーでお世話になった某大学の教授に「君はインターナショナルなセンスを持っているねえ」と言われました。
 
何と返事をしたら良いかと困惑してしまいました。
 
私は特別なことをやったわけではなく、リーダーとして、タイムマネージメントを重視しながら会を進め、一般的に考えたら口に出すには躊躇してしまうような事を容赦なく言っていたような気がします。
 
それが、インターナショナルなセンスという印象を与えたのでしょうか?だとしたら、それはトーストマスターズクラブで培われたものに他ならないと思いました。
 
その頃にはトーストマスターの活動を随分と経験していましたので、トーストマスターズで培ったリーダーシップの経験が私を動かしたのだと思います。
 
⚫︎最初のカルチャーショック
 
私はトーストマスターズクラブとの出会いで2度のカルチャーショックを経験しました。
 
四半世紀前、私は医療従事者として仕事に打ち込む日々を送っていました。専門職ですので、世間から見れば狭く偏った分野に映ると思いますが、それはそれで好きな世界でした。
 
そんな私の前にひと月に一度現れては、日本語クラブの例会の話をしてくださる熱心なトーストマスターの会員がいらっしゃいました。
 
私は人前で話すことには自信があったので、彼の話の10分の1も聞いていなかったと思います。しかし、ずっと彼の話の中に出てくる「論評」という言葉が気になっていました。
 
「論評?フィードバック?やるの?」
 
それまで、学生時代も仕事でも、フィードバックを学ぶという事や正式に行うような機会はありませんでした。仕事関係の学会や研修会では、その力が必要となってくるのに、そのスキルをトレーニングする場もありません。
 
「フィードバックスキルが学べるのなら…もしかしたら、トーストマスターズクラブって役に立つのかもしれない。」と思って、例会を訪ねたのです。
 
そこでは、老若男女それぞれが自分の役割を忠実に遂行し、例会が整然と行われていました。それでいながらその中には笑いや温かみもありました。
 
私が最も衝撃を受けたのが、米国で編集された各国共通のスピーチマニュアルの内容です。7分のスピーチのための濃厚な学習内容。
 
私が今までやってきた「お話し」は一体何だったのと、話すことに自負の念を持っていた私は大変なショックでした。
 
期待していたフィードバック(トーストマスターズでは「論評」あるいは「エバリュエーション」と呼びます。)はスピーチを発表したスピーカーに対して改善点を提案とともに的確にきちんと伝える建設的なものでした。
 
これは私にとって必ず役に立つと、インスピレーションで入会を即決しました。
 
それから徐々にトーストマスターズクラブについて知ることになるわけですが、目の前に広がる新しい世界にどんどんカルチャーショックを覚えて行きました。
 
第一次カルチャーショック期です。
 
優れた教育プログラム、コンテストや研修会といったイベントの企画、クラブそのものの運営を通じて学んだ事は数知れず。
 
⚫︎2度目のカルチャーショック
 
14年前には一生無縁と思っていた英語のクラブを地元に立ち上げてしまいました。このことが、私とトーストマスターズクラブの関わりを一層深くし、第2次カルチャーショック期が始まるのです。
 
クラブ設立の時にご支援していただいた事をきっかけに、様々な方と知り合い、行動範囲も広がり、日本のトーストマスターズを取りまとめるディストリクト役員も3度経験することとなりました。そうなると、積極的に時には強制的(自ずから)にクラブの行事や催し等に参加するようになっていったのです。そこは、私にとって国際色豊かな場であり、益々世界が広がったのでした。
 
あまり触れたことのなかった欧米文化を知る機会も増え、視野が広がり日本文化と欧米文化の違いを知り、更に互いの良さに改めて気が付くことにもなりました。これも細やかながら私の国際感覚の芽生えだと感じます。
 
トーストマスターズで学んでいる合理的で論理的な手法や思考は、現代の社会生活で国際的標準として必要とされることだと思います。その認識は、会議の進行、国際学会での対応、組織運営など、私の仕事に大きな影響を与えています。
 
世界を駆け回って活躍なさっている方の経験には到底及びませんが、四半世紀、地方の田舎で医療に従事しながらも、この国際感覚を身につけられたのは、私にとってこの上ないお得なことなのです。
 
⚫︎カルチャーショックの底にあったもの
 
トーストマスターズにはどこに住んでいても国際感覚を身につけるために必要な国際的に通用するスキルを実践しながら学べる教育システムがあり、初めてそれに触れた時のカルチャーショックについてはすでにお話しした通りです。
 
トーストマスターズは一人で本を読んで身につける自習型トレーニングではなく、例会で自分の学びをもとに皆の前で「発表」する能動的なトレーニングです。
 
教育システムという無機質なものに魂を入れるのはクラブ例会に集う「仲間」の存在です。
 
私にとってトーストマスターズ活動で得た一番の財産は、刺激的で素敵なトーストマスターの方々との出会いでした。
 
私がトーストマスターを語るとき、全てがその方々に支えられての背景があってのことです。

2016/05/21 14:17 | トーストマスターズに入会してよかった! | コメント(1) | トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

RSS


(c) 2010-2016 Toastmasters District76

The names "Toastmasters International", "Toastmasters" and the Toastmasters International emblem are
trademarks protected in the United States, Canada and other countries
where Toastmasters Clubs exist. Unauthorized use is strictly prohibited.