2016年03月06日(日)

子育てを終えて大学、大学院へ:トーストマスターズが繋いだ学びの道


トーストマスターズにはいろいろな世代の会員がいらっしゃいます。今回は3人の息子さん達を立派に育て上げその後トーストマスターズにて英語を学び、さらに大学、大学院と進学された女性のお話です。まさに生涯学習ですね。

それでは、どうぞ。
==
私とトーストマスターズの出会いは全く偶然のものでした。

1999年、私の長男の友人Sさんがアメリカへ旅行し、その帰りの飛行機の中で横に座っていた人がトーストマスターズのメンバーでした。

そのメンバーの人は飛行機の中でずっとSさんにトーストマスターズについて話したそうです。

Sさんは英語にあまり興味はなかったのですが、当時、私が英会話学校に通っていたのを知っていたので帰国後、私に「ちょっと変わった 英語クラブ」があると教えてくれました。

それまで私は3人の息子の子育てをしながらラジオの英語番組を聞いたり、英会話学校に行ったりして英語を勉強していました。

Sさんから聞いた話にちょっと興味をそそられ、すぐにゲストとしてあるクラブを見学しました。

まさに"Wow!"という感じで、メンバーのスピーチのすばらしさ、体系づけられたミーティングの進行、そしてメンバーの方々が親切に快く迎えてくださったことに感動しました。

連続3回ゲストで出席した後、皆さんのようについていけるか不安でしたが、まさに「清水の舞台から飛び降りる」つもりでメンバーになりました。

初めてのスピーチでは、頭真っ白、膝はがくがく、自分の胸の動悸が聞こえるよう、さらにオーバータイムと散々な状態でした。

しかし、3回、4回とスピーチを重ねていくうちに少しづつ慣れ、7回目のスピーチで初めてベストスピーカーに選ばれました。

それから不思議とドキドキ感も薄れ、みんなの前でスピーチをするのが楽しくなりました。
しかし、英語能力の不足、文法の間違いなど恥ずかしい思いもしました。

メンバーになって3年が過ぎ、3人の息子たちもそれぞれ大学を卒業し自立したのを機に、次は「私が大学に行く」と家族に宣言しました。

2003年4月、ラッキーにも外国語大学、英米学科に入学できました。4年間、息子のような若い人たちとともに学び、議論し、教えあい、また遊んだことは私の人生の中で最も輝いた時期だと思います。

大学まで片道2時間近くかけて通い、通学の電車の中が勉強時間となりました。初めて学ぶ楽しさを実感しました。
この楽しかった4年間を終わらせるのはもったいなく、さらに大学院へと進みました。大学院では修士論文に苦しみましたが、無事卒業することができました。

大学、大学院に通っている間もトーストマスターズ活動は続けていました。大学、院での英語史、アメリカ史、アメリカ社会などの授業で学んだことをスピーチにして、クラブ例会でたびたび発表しました。こうすることで私自身の学びも深くなり、またメンバーの方にも喜んでいただけました。

クラブ役員も積極的に引き受け、2009年にクラブプレジデント、2014年にエリアガバナーを務めさせていただきました。

このような役割を通して、リーダーシップとコミュニケーションの大切さを学ぶことができ、さらに人の輪も広がり、出会いに巡り合います。

上記のSさんがトーストマスターズの話を私にしてくれなかったら、今の私があるかどうか疑問です。

トーストマスターズは私の人生を豊かな意義のあるものへと導いてくれました。

これからもトーストマスターズとともに、さらにチャレンジしたいと思っています。

2016/03/06 14:17 | トーストマスターズに入会してよかった! | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください

RSS


(c) 2010-2016 Toastmasters District76

The names "Toastmasters International", "Toastmasters" and the Toastmasters International emblem are
trademarks protected in the United States, Canada and other countries
where Toastmasters Clubs exist. Unauthorized use is strictly prohibited.