トーストマスターズ日本地区統括(ディストリクト76)

Toastmasters International District 76 Japan Communication and Leadership Program since 1924

フォントサイズ

コミュニケーション・リーダーシップ賞

2015年 コミュニケーション・リーダーシップ賞授与式(キャロライン ケネディ駐日米国大使氏)

2015年11月28日、国立オリンピック記念青少年総合センターでで行われたディストリクト76秋季大会で、第4回コミュニケーション・リーダーシップ賞の授賞式が行われました。

11月24日にプレスリリースにて発表があった通り、第4回コミュニケーション & リーダーシップ賞は駐日米国大使のキャロライン ケネディ氏に贈呈されることとなりました。賞の授与は9月末に行われ、秋季大会会場ではその模様が画像にて上映され、キャロライン ケネディ氏からのメッセージを実行委員長の佐渡 本城 アン氏より発表されました。

キャロライン ケネディ駐日米国大使

スピーカー・オブ・ザ・イヤー賞は、賞の贈呈を通じて、トーストマスターズが理想とする「演説を主体とするコミュニケーションと、社会や集団に好影響を与えるリーダーシップ」の分野で著しい業績を残し、日本社会に貢献した方を表彰し、その姿を広く周知し社会貢献することを目的としています。

ケネディ氏からのメッセージ

ア メリカ合衆国と日本はかつてないほどの強いパートナシップを享受しています。それは世の中が人と人とをむすぶ強いネットワークによるところが大きいからで す。一般市民レベルで育まれたこのような友情関係は、両国を隔てている文化や言語の障害を乗り越えることを可能にしてきました。

トーストマスターズインターナショナルと日本のデイストリクト76チームは、コミュニケーションやリーダーシップの訓練を推進することにより、この先何年もにわたり、両国の絆を強化し続けられる新しい次世代を育成しています。

このような絆をよりいっそう深めるため、日米両国政府は、若い人たちにお互いの国で勉学をすることを奨励しています。

皆さまにも私たちと一緒にこのメッセージを広めていただくことをお願いいたします。

海外留学はグローバルな市民になるために必要な知識や技術を習得するための素晴らしい方法です。

米国に住み、勉強することにより、英語が堪能になり、総合的思考能力が習得でき、自信を高めることができるようになります。

グローバリゼーションが進む世の中で、このような能力は、将来どのような進路をすすむにしろ、日本の若者にとってたいへん有益なことになるでしょう。


最後に、今年の大会に参加された方々全員に心からお祝いを申し上げます。

パブリック・スピーキングに対する皆さまのコミットメントは称賛に値するものです。

日米の懸け橋になるための皆様のたゆまぬ努力に対し、励ましの言葉を贈りたいと思います。

 

キャロライン・ケネディ


授賞式01
授賞式02

授賞式03

(左より)ディストリクトダイレクター 東 公成・ジェフ アデラー氏(大使館) コミュニケーション&リーダーシップ賞実行委員長・アン 佐渡 本城・実行委員 菅野 眞理子

Committie Members

(c) 2010-2016 Toastmasters District76

The names "Toastmasters International", "Toastmasters" and the Toastmasters International emblem are
trademarks protected in the United States, Canada and other countries
where Toastmasters Clubs exist. Unauthorized use is strictly prohibited.